先日、ある方にお願いされて
会食のお店探しをしていたんです。

そして、ここいいなっ!
ってお店を見つけたんですが

会食のスタートが17時からだったんですが、
お店のオープンは18時

なんとか17時からスタートできないかな。
と思って、お店に相談したんですが

 

” ランチもやっていて、仕込みに時間がかかるので、

17時にお料理提供できません ”

 

私は

『18時までドリンクだけでもいいので、

なんとか入れませんか?』

と聞いてみる。

” アルバイトの休憩時間もあるので、無理です ”

とゆう回答。

 

私の気持ちとしては、
そこのお店に行きたかったけど、
きっと電話にでたのはオーナーじゃなくて
アルバイトだから、言っても無駄だなと思って
別のお店を予約しました。

 

ここで、気づいたこと。

きっと、オーナーだったらなんとかしてくれたはず。

大阪に帰ってる時に

久しぶりに会う友達がいて
いろいろ話をしていました。

その友達は
私がサロンをオープンさせる時の先輩
今はよき戦友。

見た目もとっても美しくて、
まさしく美魔女な友達。

 

今はお互い、サロンも手放し
別のビジネスをやっているので
会えばビジネスの話ばかり。

彼女が経営する
お店に行き、お互いのビジネスの近況報告をする。

なんで私たちがどんなビジネスでも
うまくいったのか、気づいたことがあったんです。

 

 

” もう閉店だね。”

といってた矢先に

たくさんのお客様が来店されたんです。

 

『明日から東南アジアで

オープンするカフェの視察にいくから、

提供できる料理がない。。。 』

 

その子は野菜ソムリエの資格を持っていて
冷凍食品は嫌いだから、あるけど出したくない。

 

※あなたならどうしますか?

 

 

私達の学んでいた社長さんは
会社員育ちのぬるま湯に浸かった
考えの私たちに、

【 オーナーシップの考え方 】

を教えてくれたんです。

 

その一つ。

『 どうにかする能力 』

 

会社員育ちの私は、
すぐにできない言い訳から
考えていました。

成績があがらない
お客様からクレーム
期日までに完成できない
体調が悪い

など、あげればきりがない。

 

言い訳をしていた私に、ひとこと

『 誰に言い訳してるの? 』

は!
と我に返りました。

 

この社長さんは
私の上司じゃない。

私の店が潰れようが、うまくいこうが
その人には関係ない相手。

むしろ、競合にもあたる人なのに
ゼロからビジネスのことを教えてくれた。

言い訳したって意味がない
言い訳は自分にしているようなもの

 

『マイビジネスでしょ』

ってことを散々教えられてきたので、

もちろん友達は

どうにかする能力を発揮

合計で10品もの料理を提供し
お客様は満足して帰られた。

もしここで、
『すみません。今日は閉店なんです。』
『食材ないんです。終わりました』

なんて言っちゃったら、
1回お客様を失っただけではなく
今後、そのお客様がくることもなかったかもしれない。

 

 

SNS起業は誰でも参入できるから
どうにかする能力なんて
誰も教えてくれないし、
オーナーシップなんて
教えてくれない。

プロだったらこの時どうする!?

『 断るのも、自由』
『受け入れるも自由』

あなたはどんな経営者になりたいですか?

*・━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・*

■ SNSの将来性と可能性
■ SNSをストックビジネス化し
ビジネスオーナーになれちゃう方法

8月26日 【土】@福岡 13:00〜18:00

お申し込みは今すぐこちらから7

http://arisaabe.com/stockbusiness


*・━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・*