みなさん、甲子園って見ますか?
私は、家のテレビ線つないでいないので
甲子園どころかテレビは見ないんですけど

私の家族LINEが炎上していて

『何事!?』

と思って見てみると

” 大阪桐蔭が負けた ”  ” 大泣きした “

とのこと。

 

私は、すぐさま、

『 なんでおねぇちゃんが泣くの!? 』

と質問すると

『 スポーツをやっていなかった
あんたにはわからん! 』

とのこと。

大阪桐蔭は私が通っていた
高校のとなりにあって、
駅から学校まで同じ道のりを
桐蔭生徒と歩いていました。

なので、とても親しみが強い。

大阪桐蔭は私が高校生の時から
野球が強い学校だった。
そして偏差値も高い高校。

 

新聞をみて、
なんで泣くほどの試合だったのかがわかった。

記事を見て、鳥肌がたったぐらいだから
リアルの試合は相当すごいものだっただろう。

 

1点リードで迎えた
9回の裏

誰もが勝利を確信していた。

そして、そこからの逆転サヨナラ負け。

スポーツも、ビジネスも
最後はメンタルなんです。

勝ちたい気持ちの強い方が勝つ

 

仙台育英高校の生徒の

絶対勝ちたい、負けない、とゆう思いが
ミラクルを起こしたのだなと思いました。

 

その記事を見た時
自分のサロンをフランチャイズさせていた
ときのことを思い出しました。

24歳で起業した私は、必死だったんです。
なんとしても24歳、4店舗オーナーとゆうのを
関西のオーナー達に私の名前を広めたいと。

『 24歳の女の子が4店舗オーナーになったよ 』

とゆう肩書きがほしくて

周りからの期待に答えたくて

本当に必死でした。

チャレンジすると
たくさんの壁がくるんです。

スタッフがやめますと言ってきたり
お客様からクレームがきたり
売上が全然足りなかったり
謎の高熱がでたり
全身に蕁麻疹がでたり
過呼吸起こしたり

今考えても壮絶だった。

 

あんなに、寝ずに働いて、目指して

なんども泣いて

自分の足りない部分と向き合って

自分の実力の無さを知って

落ち込んで

また立ち上がって

スタッフとの絆をつないで

たくさんのオーナーたちに助けてもらった。

その中で、作り上げた私のお店。

 

あのときのメンタルがあったから
今なにがあっても、動じない強さをもてた。

 

今回、大阪桐蔭は負けてしまったけど

負けが人を強くするんです。

負けが、チームの絆を強めるんです。

 

その努力と、
勝ちたいと
両チームが思うエネルギーが

人に感動を与えるんです。

 

私は、スポーツはやっていなかったけど
ビジネスを頑張ってきたから
その情熱はスポーツと同じ。

大阪桐蔭はさらに強くなる。

 

負けは、負けじゃない。
その経験が強くなるんです。

 

ビジネスでの、失敗を嫌う人がいるんですけど

失敗したほうが、強くなれる。

強くなれば、どんなビジネスでもうまくいく

 

負けを知れば、相手の痛みが理解できて
受け入れることができる。

人は経験したことしか教えられない。

 

 

先日、ありさの強みってなに?

って質問されて

『 コミュニケーション能力 』

って答えたんですけど、
今この記事を書きながら気づいた。

私の強みは

『 人の気持ちに寄り添えることだ 』

 

 

今、起業を頑張っていて
なかなか結果が出ていない人は
私に会いにきてください。

 

*・━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・*

■ SNSの将来性と可能性
■SNSをストックビジネス化し
ビジネスオーナーになれちゃう方法

 

8月26日 【土】@福岡 13:00〜18:00

お申し込みは今すぐこちらから

http://arisaabe.com/stockbusiness


*・━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・*