俺は、君の為にこそ死ににいく

 

もう8月も終わり、9月ですね。

ふと、夏の終わりを考えたら
やってなかったことに気づいて
映画を見ていました。

 

8月は終戦の月。

私の師匠は8月になると
戦争の映画を課題に出して
みんなに見ろと言っていました。

それは、なぜか?

日本の今ある平和は
戦争とゆう歴史があるから。

日本は敗戦。
だから強くなった。

 

この、
『 俺は、君の為にこそ死ににいく 』

見たことない方は、
是非見てください。

Amazonより

 

いわゆる、
特攻隊の映画。

 

日本の終戦間近。
石油の輸入も止められ、
爆弾もなくなり、
攻撃するものがなくなった。

 

ボロボロのヘリコプターに
爆弾を積んで、5000人もの若者が
日本の勝利を信じて
散っていったのです。

その名も、
神風特攻隊。

 

” 神風 “

そもそもの始まりは
鎌倉時代にモンゴル帝国が日本を攻めてきます。

その当時の日本の国力では、
絶対に敵うはずもない。

ですが、日本へ船で向かっている時
大嵐がきて、船は沈没。

2回、攻めて来ましたが2回とも、
嵐が来て、沈没したんです。

 

そこから日本は

” 神の国 ”

とされ、あの国を攻撃してはいけないと
言い伝えられたのです。

 

なぜ、戦争時代に
神風特攻隊とゆう名前がついたのか?

特攻隊の隊員たちに、

「自らが、神となりお国の為に
身を切ってほしい。

日本は神の国だから、必ず勝つ。

その為に、神になれ。」

と言われて、断る人はいなかったそう。

 

アメリカが1番恐れていたのは、
日本人は国のために、命を切れること。

こんな精神をもっているのは
日本人しかいない。

何度船で攻めても。
何度も何度も爆弾を積んでやってくる。

 

この映画を見て、
今の日本はどうなってしまったのか。
と悲しくなる。

幸せが周りにあふれていて、
会社ににいけば、とりあえずお給料をもらうことができる。

とりあえず食べていけることができる。

今、もし戦争が始まったとしても、
敗戦は決まっている。

国力のレベルで言えば
昔に比べたら上。

だけど、死にいける人なんていない。
みんな誰かに守ってほしい日本になってしまった。

映画みて、いつもいつも、
思う。

私は全力で生きれているか。

先祖が残してくれた平和な世界に
毎日感謝して、生きていれているか。

皆さんも、映画みた感想教えてくださいね!

8

 

*・━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・*


安部ありささん公式LINE@ 限定特典あり!!
【24歳の女の子が起業して年商80億になった秘話】

▶http://arisaabe.com/arisa.abe.LINE

*・━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・*

関連記事一覧

安部ありさ

大阪府枚方市出身 東京都在住 4人姉妹の次女として育ちました。 12歳の時、両親の離婚を経験し母一人で4人の娘を育てあげた。そんな背景から女性でも経済力は必要だなと子供ながらに思い24歳でフリーランスとして働く。 起業なんて簡単!誰でもできる!とたくさんの女性経営者を育成するため日々奮闘中

スポンサーリンク

LINE@

友だち追加
PAGE TOP