【 実績を上げることが一番の感謝の形 】

昨日、お世話になっている
大成塾を運営している、大成先生と
塾生の方たちとのディナー会でした。

私は、先生のときもあれば
生徒のときもある。
生徒の時は、やはり先生に
どうしたら自分のビジネスが
うまく円滑に回るか、大成先生が
塾生に対してどう接しているのか

自分との違いを
答え合わせする場だとおもってます。

自分のビジネスで
考えた時、成功している人なら
どう考えるのか?

その選択を誤れば、先生と同じ結果はでない。
常に私が学び続けるのは、
生徒にもっと売上をあげて
もらうために、どんどん最新情報を
仕入れ続けないといけないし、
SNSビジネスは、1年前成功した人と
同じことをしたって儲からないんです。

1ヶ月前の情報だって古いんです。
だから、どんどん私が学び、伝えて
戦略を組む。

集客と販売さえできれば、
どんなビジネスだってうまくいくんです。

そして、先生の、近くにいればいるほど
最新情報は最速で手に入る。

23歳でビジネス始めたばかりの頃は、
自分なんかが、経営者に近づくなんて

おこがましい。
居心地が悪い。
怖い。

ずっとそう思って、経営者に近づく
ことから逃げていました。

そんな時に言われたのが、

『 居心地の悪い人とつるめ 』

と師匠からの言葉。

『 自分の頭の中で考えても
一生答えなんてでないよ 』

確かに。。。

でも、こわい。。。

でも、こわい気持ちよりも、
成功したい!!

とゆう思いのほうが強かったから
どんどん近づいたんです。

経営者の人は
必死で食らいついてくる
素直な若手起業家にはとっても優しい。

『 遠慮はビンボー 』

私にそう教えてくれました。

そして、もう一つ教わったこと、

『 活用と、利用は違うとゆうこと 』

私は来るもの拒まず、
去る者追わずスタイル

活用とは、
自分も相手にメリットを与えて
相手からの好意を真摯に受け止めること。

利用とは、
成功者に話を聞きに行くだけの人。
あっち行って、話聞いて
こっち行って、話きいて。

聞くのはいい。

でも、 ” 結局あなたはどうしたいの? ”
人それぞれ、価値観や、ビジョン
仕事のやり方進め方は違う。
1人に、きいたら、言われたことをまず100%
やってみよう!

そこで、100%できなかったら
その方へ質問しよう!

『私は、
お時間取ってくれてありがとうございます』

とゆう言葉よりも

『 私の話で、いくら稼げました
ありがとうございます。 』

の言葉のほうがよっぽど嬉しいです。

だから、私は先生に感謝しているからこそ
実績を上げる。

実績を上げることが、
一番の感謝の形だと思うから。

先生は見ています。
あっち行ったり、こっち行ったりして
行動全くしない人は、
優先順位がどんどん下がる。

そして、先生がたくさんいると
言うことが180度違うことはよくあるので、
自分が迷ってしまう。

だからこそ、
たくさんの人に聞きに回るのではなく
先生を、絞ること。

それが、成功の近道だなって私は思います。