バリ島で感じた女性起業家が失敗しないためにやるべきこと〜パート①〜

 

青い海
暖かい気候
美味しいご飯
たくさんの笑顔

毎日本当に幸せなんです。

私、海外旅行デビューは24歳
アメリカ

私の中で、アメリカとバリ島は
特別な場所なんです。

アメリカで、海外の魅力を知った。
バリ島で、自分の人生の軌道修正ができた。

今回は2回目の滞在。

一緒にいった、藤森 翔さんは
バリ島はじめてで、

行きの空港で
『僕、1度行った場所には2度と行かないんです』

そう言われてました。

『大好きなバリ』

翔さんにバリの魅力を知ってもらいたい!

バリを惚れさせてやると思って
出発。

今ではすっかり
バリの魅力にとりつかれてしまってました♡

翔さんと一緒に過ごして
感じたこと。

なるほど。
だから、翔さんは成功できたんだ。

って感じたことがありました。

何か?

それは、ズバリ

自分の感情を表に出すこと。

私、自分の場合、
マイナスの感情を
あまり、出さない

あ、これ、されたら嫌だな。。。
これ、言われて傷ついたな。。。

って思ったとしても、
笑顔で、スルーしてしまう性格なんです。

相手に対して、
これをされたら嫌だ。
納得できない。

と思ったとしても、
自分が我慢したらその場が
おさまるならそれでいいか。

そう思っていました。

翔さん場合は
常に自分の感情に嘘がないんです。

良いことも、悪いことも、
素直に表現できる天才。

私の英語が乏しくても、
ちゃんと伝える。

一緒に旅してて

やりたいこと、
やりたくないこと、

感じたことを
シェアしてくれるので

とっても信頼できるんです。

多くの人が嫌われたくなくて
自分の感情を表にださない。

これって、誰のためなの?
って思ったんです。

結果我慢して
イライラしたり
ストレスたまったり
ケンカしたりするのは

相手に自分の価値観を伝えてないから。

伝えないと全く理解できないんです。

その人がどんなことで怒るのか?
どんなことが好きなのか?
どんなことで悲しいのか?

『理解しようとしていますか?』

相手のことを理解するには
まず先に自分の感情を伝えること。

でなければ、
相手も心を開くことはありません。

これは、お客様に対してもそうです。

相手のことを理解するには
自分のミッションや大切にしてることを
明確に伝える。

伝える勇気を持ってください。

伝えない方が衝突起きないよな、、?

それは、For me…

結局、自分が可愛いだけ。
自分が傷つきたくないんです。

そんな、For meな
人にはだれもついてくるはずがない。

人は分かり合えないから
頑張って伝えるんです。

大人になって、
自分のマイナスな部分を
正直に伝えてくれる人は少ない。

もしも、そんな人に出会ったら
絶対に離れないで、
どんどん教えてもらいましょう♡

*・━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・*


無料LINE@会員特典!!
【#新しくLINE始めました。】

http://arisaabe.com/LINE
ID @100dream @マークを忘れずに♡

*・━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・*