これからお話しするのは

「見返りを求めず、与えれば豊かになる」

というお話です。

私がビジネスが全然うまくいかなかったとき、私がいわれたことです。

私は大阪、京都、奈良の県境にある枚方市(ひらかた)という

静かで、たくさんの田んぼや畑がある町で生まれ育ちました。

 

安部ありさといいます。

私は、いま初めて起業スクールを運営しています。

私はそこで女性起業家に向けて、起業をして自由になることをお伝えしています。

女性が働いてキャリアを持てるようになったのは

この地球の何億年の歴史の中でここ30年ぐらいで

結婚して、子供を産んで社会復帰することは

まだまだ、多くの問題が残っています。

産後、保育園に入れず社会復帰できなかったり。

子供が体調崩して休まなければいけない時にも

容赦なく仕事がやってきたり。

これまでの常識では、キャリアか子育てかどちらかしか選べない!

そんな女性のために、

キャリアを持ちながら時間も手に入れれる起業のスタイルをご提案しております。

 

 

女性起業家業界ではめずらしい

収入の入口を増やすために、無料集客から指導し

女性で年収1000万を可能とするビジネスモデルを教えています。

この1年間でのべ、200人以上の女性起業家の販売戦略の支援をし、

商品がない状態から、ゼロから商品設計をし副業から、

独立するまでサポートをさせていただいております。

個別指導、グループ講座、集客支援、販売支援と
日本では私のスクールにしかない、
完全オーダーメイドの起業スクールです。

どこでも教えていないので
他では学ぶことができません。

 

なぜかというと、たくさんの女性起業家の講座を渡り歩きました。

総額200万円をこえました。

しかし私が満足できる指導方法のスクールは1つもなかったのです。

ないなら、私が作ればいい!そう思って始めたのが2017年の6月のことです。

 

 

私は大阪と京都、奈良の県境にある
枚方という町で生まれました。

子供のころはとても人見知りで
お母さんがいないと
いつも泣いていたような子で、
4歳ぐらいの私の口癖は

『ありさちゃん、小さいからできない』

『ありさちゃんは小さいからそんなこと知らなくていいの 泣』

と一つ年上の姉の背中にいつも隠れていました。

 

私は4人姉妹の次女として育ちました。

1つ離れた姉

5つ下の妹、7つ下妹の真ん中。

けっして子供のころは活発な性格ではなく

比較的おとなしくて、お友達もたくさんいない。

勉強も人の何倍も理解するのに時間がかかる。

母はいつも、『泣かずに学校にいってくれたらいい』

そう言って、いつも私を気にかけてくれていました。

 

 

私が12歳の時、両親が離婚して

女5人の生活になりました。

母はとても一生懸命私たちを育てるために働いてくれ

家事は私と姉で分担して

3女は末っ子の面倒をいつも見ていました。

小学生のころから料理をするのが大好きで

母が毎日帰宅が遅かったこともあり

毎日家族5人分の食事を担当していました。

母の帰りが遅くても寂しい思いをしなかったのは

姉妹がいたおかげだと思います。

 

 

高校入ると性格も明るくなり、どこにでもいつような今どきの女のコでなっていました。

高校2年、3年と学年が上がるにつれて近くなる将来について。

高校3年生の時、進学について母と衝突をしました。

母の希望は『看護師になること』

母は看護師の資格を持っていて、その当時姉が看護の専門学校に通っていたこともあって

強く、私にも手に職を!と言っていました。

しかし、私の希望は栄養士になりたい。

中学生のころから、家族の食事をつくり

料理を作ること、栄養の知識をつけることに興味があったのです。

母からは、栄養士になったところで就職なんてない

だから、看護師になりなさい!と大喧嘩になりました。

今でこそ、母がなぜそこまで看護師の資格にこだわったのか理解できます。

女性で自立して男性並みにお給料がもらえる。

女性が多い環境だから、子供が生まれても社会復帰しやすい。

子供を育てながら、働いている女性がたくさんいる。

ですが当時の私には理解することができず

看護師の専門学校にも行かず、栄養士の専門学校にも行かない

自分が選択した道じゃないなら、行かなくていい

そして、高校を卒業しフリーターの道を選びました。

この判断が後々大きな後悔につがなりました。

2年間アパレルメーカーでバイトをしました。

子供のころから働く母親の姿を見ていた私は

女性でもキャリアを持ちたい。そう思っていました。

アパレルの仕事は大好きでしたが

華やかな世界に見えて過酷な労働、安い給料。

とても女性で経済力があるという環境ではありませんでした。

そして、わたしはフリーターから就職をすることにしました。

金融業界の営業職

やればやるほどお給料が増えました。

資格も学歴もない私でしたが、

営業職だけは、自分の頑張りを数字で評価してくれる。天職だと思っていました。

これなら、経済的な自立ができる。そう思い期待された目標達成のため

朝から晩まで一生懸命働いていました。

仕事に対してのやりがい。

お客様からの感謝の気持ち。

上司からの期待に応えたいと一生懸命でした。

しかし、ここでも学歴で悔しい思いをたくさん経験しました。

わたしの部署は半数が新卒採用でした。

明らかに、高卒の私への待遇と、新卒採用の待遇が違いました。

そこで初めて、学歴が今後の人生に大きく差が出るんだと後悔しました。

とても、悲しくなりました。

それでも、成績で結果を残せば。きっと認めてくれる

一生懸命働いて、支社1年目のトップになったこともありました。

それでも、やはり新卒というだけで出世しやすい環境がありました。

自分は一体何をしたいんだろう

20代前半の私は悩んでいました。

まわりの先輩を見たときに、30歳まで仕事を続けている人は

ごくわずか。1人か2人

夜遅く、土日も契約をもらいに行くため休みがないため

結婚したら、退職する人がほとんど。

30歳でキャリアをとり、働いている人はお局扱いされ、ないがしろにされていました。

私、このまま30歳になったらどうなるんだろう。

結婚して子どもを産んだとしたら

『○○ちゃんのママとか、○○さんの奥さん』

って言われて名前が無くなるのかな?

30歳になったら、お局扱いされてないがしろにされるかな?

20代前半の私には30歳になるのが恐怖でした。

30歳になったら女終わり。

その不安な思いを上司にぶつけました。

そして言われたこと。

『今のアリサに若さとったら何が残るの?』

30歳までは親に作ってもらった顔

でも30歳からは生き方が顔に出るよ。

だから30歳になったときに中身のない大人になりなや。

大きく心がうごきました。

今の私に若さとったら何が残るのだろう。

今のまま、この会社に残ったとき

『安部よくがんばったという言葉と、疲れ切った体』しか残らない。

ようやく、働き方を変えたいと思いました。

同じ年の友達に比べたらお給料はいいでも休みは全くありませんでした。

たった1日の有給休暇の申請も

ものすごく神経を使い、上司の顔色をうかがわないといけない。

もっと自由な生活、すきな仕事はないのか?

必死に考えました。

そして出会った女性社長さんに言われたこと。

自分でビジネスをしないと一生時間なんて、手に入らないんだよ。

その方も、24歳でビジネスを立ち上げすでに15年がたっていました。

年に何回も海外に行き

時間にもお金にもゆとりがあり、本当に素敵な人生を送っていました。

私は悩んだ末、自分でも稼いでいるけるための
ビジネスの勉強をし始めました。

人生で初めての寝不足で倒れるくらい必死でビジネスの勉強しました。

そしてスタートさせた、エステサロン

ビジネスオーナーにあこがれ

勢いよく4店舗フランチャイズさせました。

ですがビジネスの世界はあまくなく200万円の借金をつくりました(笑)

がんばってもがんばっても、なかなか成果は出ませんでした。

全部自分で「どうにかしないと」と思って、
たったひとりでずっと抱え込みました。
すごく自分を責めました。

東京に住み込みでも働きにいって、
そこでもたくさんの人に騙されました。

そして、たくさんの社長さんや、経営者の方と会い

その経営者に言われたこと。

うまくいきたいなら、うまくいってるひとのマネをすること

経営者、ビジネスでうまくいっている人にたくさん会い
話を聞き、とにかくうまくいっているとゆう人の言うことを徹底的にまねていきました。

自分のプライドや、考えをすて、すべて実行していくと簡単に
売上は回復していきました。

1店舗も5店舗作るのは簡単。ノウハウ手法をまねるだけだったのです。

それから、ビジネスって楽しい!
に変わっていき
新しいチャレンジを続けていったのです。

その経験から、30歳で東京に上京し

新しいビジネスビジネスパートナーと一緒に

貿易ビジネスを始めて年商80憶もの売上をたたき出すことに成功しました。

 

 

そして、自分か満たされたから、次は女性で起業してうまくいっていない人に

稼ぐ方法を身につけてほしい。

そう思うようになりました。

女性は、結婚したら、キャリアか子育てどちらかしか選べない。

そんな風に悩む女性を1人でも救いたい。

2017年5月から、オーダーメイド起業スクールを運営して
利益で2000万をこえました。

私のミッション

 

『人を先に。 自分をあとに』

私を、自分を必要としているが女性は必ずいる。

そして、私の次のチャレンジは2018年

もっと稼げる
女性を増やしたいとゆうこと。

私が起業初期大変だっからこそ

女性が起業を進める難しさも実感しています。
今、お金がなくてもやって
友達から反対されて。
応援してくれた友達は、わずかひとりだけ。

女の友情なんて嘘だなっておもってました。

SNSはリスクなく誰でも簡単にスタートさせることができる。

ですが現状、SNS起業女子の
5%しか生活できるレベルにまでの収入に、達していません。

私は今まで色々なビジネスをしてきましたが、

SNSで無料集客することは
こんなに簡単に
早く収益化できるビジネスモデルはSNSを活用するしか他にはありません。

せっかく未来を変えたい。
マインドばかりで中身のないノウハウで
結果が出せず悩んでいるなら、
私と一緒に成長していきませんか?

スクール生の中には

独学で頑張っていた、主婦で、子育てママでも半年で100万
稼げるようになったり

スクールに入って、3か月目で売上200万達成されたり。

ありささんに出会えてよかった』とたくさんのスクール生に言っていただくことができ
私にとって一番うれしい言葉でした。

本当に、本当に暖かい、暖かい、メンバーが集まってくれたな
そう思います。

私は、絶対にスクール生を裏切らないし、
相手がこんなもんだろうと思っている、うえの上を行こう。
いつも心にとめています。

2018年、年収1000万をめざす、スクール生のために
私も新たなチャレンジ、

発信も、投稿もやって、認知度を上げていきます。

きっと、いつか、あなたとも
繋がれると信じてます。

その時は、お互いに助け合っていきたいと思います。

ということで僕もこれからもがんばりますんで。
これからも、ぜひ仲良くしてほしいです。
最後まで、ほんとにどうもありがとうございました

 

●追伸

現状、売上に伸び悩んでいる、年々売上が落ちている、集客ができない人のために

1時間の無料相談を実施中、今すぐに『『無料相談』』とメッセージをください

無料相談を受ける(無理な勧誘はありません)

●オープンキャンパス

我々が運営をするLINE学科の大阪校と東京校の勉強会を無料で1度、受けて勉強したい人は

『オープンキャンパス』とメッセージをください。

オープンキャンパスを無料で受ける

●再追伸

デジタルマーケティングLINE学科に興味がある人は

今すぐに『詳細』とメッセージをください。

無料でLINE学科の詳細を知る(LINEに飛びます)