【結局、国に甘えるの?】

今日、女性の経営者さんから
記事が送られてきました。

シングルマザーの低賃金問題

なかなか就職が難しいのかな。

難関大学に入って、大手に就職
そして結婚♡

結婚したら幸せになれると思っていた。

でも現実は違う。
結婚してからも性格や、価値観が違うから
離婚してしまう人が多くて

子供を引き取るのは女性の割合が多くなっている。

そして子供がいるから
働き先が見つからない。

もちろん時間の制限はあるにしても
それをマイナスに思う企業は多いはず。

小池さんがんばってくれてるけど
国に頼るのはもうやめよう。

女性は女性らしく、
経済力を持ちましょう!

結婚して、専業主婦で幸せに♡

なんて”古い”

パートナーに働いて欲しいと思ってる男性は
年収高ければ高いほど思っています。

結婚してからも、
女性として見てもらえるのは
社会にでて活躍している女性ほど

旦那様に愛されています。

私は母子家庭で育ちましたが、
母子家庭でお金に不自由って
思ったことはなくて、

母親は”看護師”

とゆう資格を捨てて

金融業界の営業の仕事を25年しています。

なぜ資格を捨てたのでしょう?

この仕事では

“4人の娘たちを育てていけない”

って思ったからでしょう。

看護師とゆう仕事は

とっても素晴らしい。

ですが、
まだ小さかった私達のために

夜勤の多い仕事
不規則な勤務体制の環境で
育てていけないと感じたんですよね。

何百万もかけてとった

資格を捨てる”勇気”

それは女の”覚悟”だな

とも思います。

その覚悟があったから
母親は年収1000万稼ぎつづけ

4人の子供を

(私以外は全員進学 笑)

させることができたんです♡

その覚悟

起業家になる覚悟

女性として経済力をつける覚悟

男性から愛される覚悟

できてますか?

今、収入をあげたくて
もやもやしているかた。

私はあなたを全力でひっぱりあげます!

一歩踏み出す勇気を♡

私のLINE@の会員様は全員引き上げていきます!!

より具体的なお話をしています♡
ぜひご登録くださいね!

毎日配信中

あなたは今ワクワクしていますか?
是非ご参加ください♡

朝活メンバーも募集してまーす!!

______________ARISA________
女性のキャリア支援プランナー

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

安部ありさ

大阪府枚方市出身 東京都在住 4人姉妹の次女として育ちました。 12歳の時、両親の離婚を経験し母一人で4人の娘を育てあげた。そんな背景から女性でも経済力は必要だなと子供ながらに思い24歳でフリーランスとして働く。 起業なんて簡単!誰でもできる!とたくさんの女性経営者を育成するため日々奮闘中

スポンサーリンク

LINE@

友だち追加
PAGE TOP