【 10分で条件付けが外れた瞬間 】

 

【条件付け】とは、
自分で勝手にできないと思い込んでしまうこと

 

 

2年前の今日
バンジージャンプを飛びました。

 

もちろん飛びたくて飛んだ訳ではないんです。

ある経営者さんがプーケットに旅行にいくと
ゆう話を聞き、

” 一緒にいけば経営のノウハウだけではなく、

日常生活の一部がみることができて、ビジネスが上手く回りだすよ “

と教えてもらい

私も行きたいとお願いしたんです。

 

 

他にもたくさんの人が
一緒に行きたいとお願いしていたのですが
人数限定で、私も参加させてもらえることになりました。

プーケットでの学びはたくさんあるのですが、一番の大イベントは

” バンジージャンプ “

 

 

私、高所恐怖症なので
絶対に飛びたくない。

 

 

ジェットコースターとかは捕まるところあるので、
身体踏ん張れるし

コースターが勝手に行ってくれるでしょ?

あんなの全然恐くない

 

 

自分の意思で、

3・2 ・1

” バンジー! ”

の合図で飛ばなければいけない。

心臓ばくばくですよ。

 

でもね、その社長さんに言われたこと

” 高所が恐いのはみんな同じ “

” 高所恐怖症なんて病気あるなら診断書持ってきて ”

って

 

 

結局、

” できない “ “とべない”

って思ってるのは

自分だけなんだよ

って教えてもらいました。

 

 

10㎝前に飛ぶ事ができたら

後はフルオートマティック

” 頑張るのはありさじゃない、紐!!”

って言われたんですよね。

 

 

サーカスの像はなぜ紐だけで何の抵抗もしないのか?

人間よりもものすごく力強いのに、あんな紐なんて簡単にちぎれるんです。

でも子象の時から
紐に繋がれて、何度も何度も引きちぎろうとしても
ちぎれない。

何年もそんな状態なので、
もう逃げれないって思ってしまうのですね。

 

人間も同じ。

” 何か失敗した経験からできない “

って思ってしまってるんです。

だからできないことなんて ” 何一つもないんだよ”

って
教えてもらいました。

 

今では条件付け外させてあげることが
一番の楽しみになってます♡

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

安部ありさ

大阪府枚方市出身 東京都在住 4人姉妹の次女として育ちました。 12歳の時、両親の離婚を経験し母一人で4人の娘を育てあげた。そんな背景から女性でも経済力は必要だなと子供ながらに思い24歳でフリーランスとして働く。 起業なんて簡単!誰でもできる!とたくさんの女性経営者を育成するため日々奮闘中

スポンサーリンク

LINE@

友だち追加
PAGE TOP